ヤマダソウエモン

山田惣右衛門

画家
登録者 高橋英博

  作品をはじめて目にしたとき、その清らかな美しさと優美さに心を強く打たれた。そしてこの画家は只者ではなく天性の才能に満ちていることを一目で直感した。あえて具象に、そして裸婦にこだわり描く。山田画伯は繊細で優麗な描線を特徴とし、さまざまな姿態、表情の女性美を追求した江戸の美人浮世絵師、喜多川 歌麿にも相い通じる現代の浮世絵師だと思う。

清らかさと、撓やかさにあふれ、透明感ある裸婦像は見るものに新鮮な驚きと感動を与えずにはおかない。永遠の美の象徴である女性の優美さと優しさが見るものを捕らえて離さない。山田画伯は謎の多い画家でもある。しかし、そのファンは着実に増えており知る人ぞ知る画家である。

私は表現形態が抽象か具象かという論議に興味はない。もっとも大切なことは、その奥にある深さや個性、その作家の人生観こそが究極的に芸術の本質であると思っている。
具象か抽象かは結果であって本質ではない。表面的に抽象化しても具象化しても意味はない。発想だけの表現にも興味はない。最も大切なのは”心 ”である。絵画の基本となる技術は努力によって巧くはなるが感性、直観力は生まれ持った天性のものと思う。

時代のパフォーマンスに流されることなく、永遠の美の象徴である裸婦像を描き続ける姿勢に大いに感銘を受けた。
山田惣右衛門は当画廊が自信を持って推奨する画家である。

作家ID 1036
作家名
ヤマダソウエモン
山田惣右衛門
ジャンル
画家
絵画
性別 男性
年齢
地域

出展予定イベント

    SOWZOに登録されているイベントへの出展予定はありません。

この作家の作品を取り扱っているギャラリー・店舗

お気に入り

お気に入りに登録するにはログインが必要です。

コメント

コメントを投稿するにはログインが必要です。

お問い合わせ

ユーザー間のメッセージ機能を使って、お問い合わせができます。
この作家の登録者 高橋英博