料理

5月の雨の日の午後、私は台所にこもり、このアスパラガススープを作ります。これは秋に作るバターナッツカボチャスープの春バージョンの1品です。出かけるには雨が強すぎるとき、屋根にあたる雨の音を聞きながらアスパラガススープを作ることで心が落ち着き、物思いにふけることができるのです。

私的には、これは理想的な春のスープです。新物のバジルが香ばしくやわらかい香りを加え、豆が味にまろやかさを加え、ジャガイモを混ぜることで重たいクリームを加えなくても優しいふんわりとした舌触りになります。私のように夕食の初めに出してみたり、焼いたパンを適度に添えて昼食にしてみたりしてはいかがでしょうか。

アスパラガススープの材料

この料理は煮込んだアスパラガスをクリーム状に混ぜたもので、非常に濃い緑色をしています。滑らかな舌触りを出すためにはピーナツバターやチーズは使わず、私はユーコン・ゴールドポテトを混ぜて、美味しく柔らかいクリーミーな舌触りに仕上げます。必要な他の材料は次のとおりです:

当然ですが、アスパラガスのレシピに取り掛かる前に、アスパラガスの硬い根元は取り除いておくようにしてください。煮込む際にアスパラガスの先端と茎の柔らかい部分のみを使用してください。豆 ― クリーミーな舌触りを出し、アスパラガスの味わいを引き立たせることができます。

  • 新玉ねぎとニンニク ― 力強く、風味豊かな味の複雑さを出すために使います。
  • レモンの果汁および皮 ― スープの色を鮮やかにしてくれます。
  • ディジョンマスタード ― アクセントをつけるために使います。
  • 生バジル ― 鮮やかで香り高く仕上がります。
  • 塩コショウ ― 全ての味わいを引き立たせるために使います。
  • アスパラガススープの作り方

 

アスパラガススープについて、他に好きな点は何かと言うと、短時間で簡単に作れるということです。作り方こちらです:まず、調味料を中火にかけます。堅い玉ねぎやシャロットではなくて新玉ねぎを使えば短時間で大丈夫です。1、2分で柔らかくなるでしょう。次に、それを煮立たせます。豆、しょうが、塩、コショウそして水をボウルに入れて混ぜます。これを火にかけ、煮立ったら弱火にして、ジャガイモが柔らかくなるまで12分間煮込みます。

次も煮込み続けます。切ったアスパラガスを加えてさらに5分間煮込みます。アスパラガスは柔らかくなっても鮮やかな緑色のままです。最後に混ぜこみます。スープが完全に冷めてから野菜をブレンダーで粉砕します。ライム果汁、酢、そしてマスタードも加えてスープを滑らかにします。最後にバジルを加え、味を調えます。

アスパラガススープの食べ方の例

スープが程よく温かい時、私はブレンダーから直接盛りつけます。こうすることで味わいが混ざってしまうことなく、その鮮やかさが保たれます。スープは単体でもとてもおいしいのですが、私はスライスしたゴート・チーズ、バジル、そしてレッドペッパーのフレークを乗せて食べるのが好きです。これらは歯ごたえ、活気、そして辛みの理想的なバランスを出してくれるのです。歯ごたえを加えるには、クルトンの代わりに手製のクルトンを加えるのも良いでしょう。